WordPress5.0で変更されたエディタが迷惑すぎる!

WordPress5.0のアプデが来たことで、エディタの仕様が大きく変わった。

見出しや本文などがブロック状になり、感覚的に使用できるようになったという利点はあるのでが、旧バージョンと比べて使えなくなった機能などもあり、かなり迷惑している。

Googleといい、アップルといい、なんで勝手に大幅な変更をかましてくるのだろうか。

せめて選択式にさせてほしい。

今回新実装されたエディタはGutenbergという名前らしい。

グーテンベルグと読むようだ。

軽く調べた感じだと人名?

このエディタが実装されたことによって、文字装飾機能などを最初から使えるようになった。

今まではプラグインを入れたりしないと文字装飾できなかったので、便利と言えば便利だ。

しかし、わざわざメニューを開いて使わないといけない点が不便なので、結局は文字装飾用のプラグインを使った方が手っ取り早い。

新バージョンになることによって、仕事などで使っていた文字装飾が全く使えなくなってしまったのが何よりも困る。

テキストモード上で使っていたオプションが、新バージョンでは全く使えないのだ。

現状仕事に支障をきたすレベルで不便を感じているので、このようなアプデは本当に困る。

旧バーションに戻すプラグインもあるようだが、2021年までしか使えないようなので、結局はこの新しいバージョンに慣れるしかないのかもしれない。

かなり不便だ。

東大の神脳がチャンネル開設していることはご存知だろうか

最近、クイズ番組などで話題の東大の神脳・河野玄斗 が、自分のYouTubeチャンネルを持っていることをご存知だろうか。

東大の過去問の解説や、勉強の生放送などをして受験生たちの背中を後押ししてくれている。


受験勉強をしていない人にとってはさっぱりの内容だが、神脳にあやかるために視聴しているものも少なくない。

分かりやすい説明を一生懸命してくれているのだが、コメント欄の反応がイマイチなのが面白い。

分かりやすいです!とコメントしている人も本当に分かっているのだろうか・・・と疑ってしまう僕がいる。

僕はもちろん分からない。

僕は数学が苦手で、連立方程式あたりで時間が止まっている。

サインコサインが出てきたあたりで数学を諦めたような記憶がある。

数学が全然分からない僕でも、彼の解説動画を聞きながら仕事をするとけっこう捗る。

それだけで彼のチャンネルの目的は果たされているのではないだろうか。

というご都合解釈してみます。

これを見てみると数学を改めて数学を勉強したいと感じさせられる。

数学やってるときは頭がすっきりする気がするので、健康にもいいんじゃないかと考えている。

神脳にあやかるという意味も含めて、勉強ができない人でもこのチャンネルを見てみるといいだろう。

今後色々な動画をあげてくれそうなので、彼の動向に注目だ。

韓国のMMOラッシュが日本に上陸!【黒い砂漠】

韓国はMMORPGが盛んなことで有名だが、続々と日本に韓国産のMMORPGが入ってきている。

現在注目を浴びているのは、26日にリリース予定の黒い砂漠だ。

リリースが2日後に迫っているため、僕もワクワクしながら待っている。

黒い砂漠の前にはイカロスMというスマホゲーが既に配信されており、これも韓国で人気のMMORPGだ。

MMORPGは腰を据えてプレイして友人を作らないと中々楽しむことができないため、軽くプレイしてみて自分に合ったゲームを探すと良いだろう。

仕事の合間にできるゲームであるため、忙しい社会人からの人気も集めているジャンルだ。

息抜き程度に試してみてはいかがだろうか。

虐待?しつけ?ペット虐待にまつわる議論が激化

ペット虐待に関するニュースが流れている。

本人は躾と言うが、犬の脇腹を蹴っているところを見ると、誰が見ても虐待だと考えるだろう。

ペット虐待に関する議論が激化と銘打ったものの、どう見ても虐待なので議論の余地はない。

メインの話題の結論が出てしまったので、とりあえずペットの虐待に関して課題点と言われていることを紹介する。

ペットは物として扱われる

ペットが気軽に虐待できてしまう問題点として、ペットの権利の保障が不十分であるということが槍玉に上がりやすい。

ペットは法的には人間とは異なる存在として扱われており、物同然に見なされている。

ペットを虐待した場合、傷害罪ではなく器物損壊罪に問われる。

ペットの遺体もゴミ捨て場に捨てればゴミ収集車が回収してくれるようになっている。

法律的な扱いが完全に物なので、この考え方が飼い主たちがペットを物扱いさせてしまう原因になっているのではないかという話がある。

確かに、法的に存在を軽んじられているものを大事に扱えと言うのも無理な話なのかもしれない。

ペットに人間並みの権利を与えるべきか

ペットに人間並みの権利を法的に与えてやれば虐待も改善するのだろうか。

少なくとも、ペットを虐待した場合の罰則が人間並みに厳しくなれば、丁重にペットを扱う人間は増えるだろう。

しかし、ペットが人間並みの権利を備えた場合、ほかの動物はどのように扱うべきかという問題が浮上する。

食肉用の牛など、ペット虐待以上の仕打ちを受けているわけで、これからの動物の権利は無視するのかという話になってくるだろう。

ペットに人間並みの権利が与えられることが普通になり、後発の世代が育ってきた時に、我々以上にペットとその他の動物への扱いの温度差に疑問を抱くようになるだろう。

ペットの権利を強化することによって、将来的に肉を食べることができなくなることは覚悟しなくてはいけないかもしれない。

自民党内で石破茂がハブかれる

今日のニュースで石破茂が省かれていたことが話題に挙げられていた。

自民党のメンバーが会食を行った際、なぜか石破茂だけをハブにしていたらしい。

原因はおそらく石破茂の総裁立候補ではないかと言われている。

演説の際に安倍総理の批判をしてしまったらしい。

その会食は秘密裏に行われており、わざわざ政治家たちが裏口からコソコソ入って参加したとのこと。

いくら隠れたところで大勢の会食をした以上はバレるので、わざと安倍側がこのおゆな対応を取ったのではないかと噂されている。

石破茂をハブにしていることをアピールするという狙いでもあるのだろうか。

君が代は外人が作った!?

この

この動画の竹田さんという人は、韓国の批判をけっこうガンガンする人なんだけど、日本の歴史的背景を色々と教えてくれるので面白い。

日本の国歌は、元々外国人に依頼して作られたものだったらしい。

外国人によって作られた歌が微妙で変更となったらしのだが。

まさか国歌の作成を外国人に依頼するとは、かなり不思議な背景だなと感じた。

最初は讃美歌のようになってしまっていたのだとか。

その国歌がそのまま採用されていたらと思うと恐ろしい。

案件が回らなくなってきた

案件を引き受けすぎてて中々回らなくなってきた。

異なる案件を複数もつことは在宅ライターとして必要なことではあるのだが、毎回案件ごとのやり方を見直していると中々進まない。

しかも、最近は依頼を振る側にも回っているので、どのような作業を振るべきか考えることも一苦労だ。

振りやすい案件を探そうとして、また新しい案件を持ってきてしまう。

振りやすい案件と儲かる案件ってのも別だから、依頼する相手にとってやり易い仕事を探してあげようとすると、こちらが稼げなくなってしまう可能性が高くなる。

折衷案を探すのも中々の一苦労である。

できる限り高単価の案件に絞り、回しやすくしていこうと思う。

余裕ができた別の新しい案件を探すという形で。

作業を振るパートナーもまずは一人と集中的に付き合っていこうと考えている。

あまり違うものに思考を奪われると集中力を欠くことになってしまう。

どこの集中すべきか考えることが中々大変であると実感する。

仕事を依頼する側へ

しばらくライティングのみで生計を立てているが、そろそろ自分が作業を振る側としても活動していこうと思う。

自分個人の稼働のみではどうしても限界があるため、作業を振れるところは振っていきたい。

一緒に作業を与え合える仲間がいれば、作業分担しながら仕事を進めることができるため、お互いに稼ぎやすくなるはずだ。

ということで、自分が今後何を考えながら人に作業を振るのかについてもご報告できるようになると思う。

自分が単なる作業者ではなく、誰かに依頼する側となる場合を考えた時に、参考にするものが欲しいという方はこのブログをチェックしてほしい。

ついにセンター試験の日がやってきた。ホリエモンは点が取れるのか?

センター試験が始まったが、受験者の皆さんは万全の体調で臨むことができているだろうか。

センター試験と聞いて、堀江貴文によって企画されている番組のことを思い出した。

今回はホリエモン自身も受験するとのことで、生徒と一緒に勉強する姿を見せてくれている。

番組中では意外にも絶望的な点数を取って講師を悩ませたホリエモンだが、その卓越した集中力によって驚異的な追い上げを見せている。

センター試験の結果がどうなるかを期待してまとう。

祝・閲覧2000人

適当に更新を続けてきたブログでも閲覧2000人まできた。

ありがとう。

今後もコツコツ更新していけたらと思う。

ほぼクリック広告しかおいていないので、ほとんど収益がないのだが、それでもこのブログを作った時に支払ったお金の分は回収できている。

とはいえこのブログの維持コストは年額200円程度のみなのだが。

恐るべき低コストである。

このブログ上での記事作成依頼をこなしたこともあるため、それを含めると数千円は稼いでいるので、黒字ではある。

なんだかんだで記事も200記事を超えた。

せっかくここまで更新してきたので、徐々にサイトのクオリティ高めていけたらと思う。

先にレイアウトから変えてみようかな。