サーキュレーターとは何か?扇風機との混同に注意!

サーキュレーターという言葉自体知らないという人もいるかもしれない。

サーキュレーターは扇風機に見た目が似ている。

こういうやつ。

これをミニ扇風機だと思って買っている人もいるかもしれないが、全く別物の商品なので扱いには注意しよう。

夏に向けて扇風機を買おうと考えている人は特に注意だ。

扇風機とサーキュレーターはどう違うのか

 

扇風機は涼しい風を起こすためのものだが、サーキュレーターはすでに流れている空気を循環させるために風を起こす。

サーキュレーターの風は強力だが、その風で空気を冷却することはできない。

これを設置してもぜんぜん涼しくならないじゃんと思っている人は、そもそも使い方を誤っているのだ。

サーキュレーターはエアコンと一緒に使わないと意味が無い。

季節問わず使えるのが魅力

エアコンの暖房や冷房をつけて、サーキュレーターを設置することでより冷暖房の空気が循環するようになる。

大部屋の場合等は中々エアコンの空気が行き渡らない場合もあるだろう。

サーキュレーターの爆発力の高い風を送り込むことによって、エアコンの風が部屋の隅々にまで届くようになるのだ。

冷暖房に効果があるわけだから、当然季節は関係ない。

扇風機と全く別物であることがわかるだろう。

サーキュレーターについても調べよう

この夏はエアコンや扇風機のみではなく、サーキュレーターについての知識も勉強してみるといいだろう。

サーキュレーターの使い方を知っておくことで、この夏は世界が変わるかもしれない。

新しいものへのチャレンジの一環として、サーキュレーターを導入してみてはいかがだろうか。