シャチの凄すぎる連携プレー

海のハンターとして有名なシャチですが、彼らの強さはその連携プレーにあるということをご存知でしょうか。

狩りの際には陣形を組み、狩った獲物は必ず分け合うなど、徹底した仲間意識を持ちます。

人間に連携プレーの大切さを教えてくれるシャチですが、今回はシャチの狩りの一例を紹介させて頂きます。

シャチがアザラシを狙う場合、彼らは最新の注意を払います。
必ず数体で陣形を組み、アザラシを攻撃します。

シャチは個体でも強く、体の大きなアザラシを相手にしても十分に勝てる力はありますが、
単体で戦うと、アザラシから引っ掻かかれて怪我を負うリスクがあります。

賢いシャチ達は、自らが一切傷つかない方法を使ってアザラシを倒します。
それがヒットアンドアウェイ戦法です。

一体のシャチがアザラシを尻尾ではたき上げ、上空に打ち上げます。
アザラシは、なんと水面から9mも上空に飛ばされ、そのまま海に落下し、叩きつけられます。

この攻撃を複数のシャチで交互に行い、アザラシが衰弱して動けなくなるまで続けます。
一切の被害を受けずにアザラシを弱らせたシャチは、悠々と食事を行うことができるというわけです。

このことから、シャチは単純な個体の強さに頼らず、戦略を用いて獲物を狩っていることがわかります。

上記の例の他にも、氷の上にいる獲物を海に落として狩るために知恵を働かせることもあります。

複数のシャチの力で波を起こすことで、徐々に氷を破壊していき、
氷がもろくなったところで、一斉に体当たりします。

氷の上でバランスを崩した獲物は、あえなく海に落下し、シャチのエサになってしまうのです。

この話を聞いて、シャチの連携プレーは素晴らしいと感じることでしょう。
これ程までに華麗なチームプレイを見せる動物は、中々いないらしいです。

シャチの賢さがよくわかる例であると言えるでしょう。

興味があれば、ぜひシャチについて調べてみて下さい。
シャチの連携プレーに学ばされることがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。