ドラッグドラグーンの雰囲気がいい

ニーアオートマタを見てからというもの、ドラッグドラグーンが懐かしくなってつい久しぶりに見てしまっている。

この徹底したダークファンタジー感が独特で素晴らしいのだ。

このようなゲームを生み出してくれるところは中々ない。

ダークファンタジーというと、ただ邪悪なものが出てきたり、グロ表現が多いだけだったりするのだが。

ドラッグドラグーンシリーズもニーアシリーズもそこに芸術性があったように思う。

これこそが人気の秘密なのではないだろうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。