ライティング高単価案件の落とし穴

ライティングの案件を探しながら、高単価な案件を見つけて応募するのだが、実際にやってみるとあまり美味しくないといった経験をすることがある。

画像を貼り付けたり、表を作ったりする時間がとられたり、調べものに時間がとられたり。

単純に記事を書く以上の手間がとられ、単価は高くても記事作成にかかる時間と労力に対する費用対効果が低い場合があるのだ。

そういった手間を含めての高単価なのだろうが、正直な話、低単価案件を繰り返した方が稼げるというものも多い。

もちろんあたりを引けば良い高単価案件もあるのだが。

実際にやってみて比較するしかないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。