宮武嶺という人物の反日誘導が胡散臭い

ISに捕まった安田さんの事件について興味があったから調べてみた。

https://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/a5fddb3792bc7554c930031e8421efb7

このブログを参考にしてみたのだが、どうにも感想が胡散臭いなーと感じた。

やたら安田さんを助けない日本は冷酷だ!ひどい国だ!という主張をしてくる。

政府側としてはさんざんそこは危険だから行くなよ、行っても自己責任だぞ?ということは主張してきた。

ISに捕まってしまったとはいえ、安田さんも万が一のことが起こることは覚悟の上で向かったはずだ。

ここでISに応じてしまうと、重大な国益損失になりかねない。

政府が安田さんを見捨てる選択は我々全国民を守るためには必要な選択であるはずだし、最初から見捨てますよと政府は言っていた。

こういった事情を知ってか知らずか、日本を冷酷呼ばわりする宮武嶺という人物の考え方はおかしいのではないかと僕は感じた。

気になったので軽くこの人の名前で調べてみたが、どうやら弁護士らしい。

https://plaza.rakuten.co.jp/islandweb/diary/201210240000/

宮武嶺の批判をしているこのブロガーもなんか極端な気がして微妙なのだが、宮武嶺は宮武嶺で批判の的になるような人物ではあるようだ。

弁護士ほどの人物がこの問題に関して日本は冷酷!なんて発想になるもんかね?

あまりに無知な中学生並みの意見だと僕は思ったのだが。

宮武嶺はあえて日本を貶めるために悪いイメージをつけようとしているのではないかと疑いざるをえないないな。

みなさんはどう思われるだろうか。

少なくともこういった知識人風の言葉を鵜呑みにはしないで頂きたい。

弁護士と聞いただけで尊敬してしまう人もいるだろうが、中には宮武嶺のような稚拙な意見を言う人もいる。

自分でしっかりと問題を考えて吟味する習慣をつけるようにしましょう。