画期的な発想が必要だけどそれでお金貰うのは難しい

画期的な発想をビジネスに持ち込むのは重要だが、中々それは実践しずらい。

会社は確実に成功できるものに着手しないと運用することが難しいから。

色々試すには、会社と言う組織は大きすぎるんだよね。

よくわからないものに対してお金を払うリスクをとりたくないという考え方も当たり前だし。

自分が仕事を振る側になると自由が利くようになる

画期的なことをやってお金を貰おうとするから難しい。

画期的なことに対して自分が出資するのであれば、意外にも簡単に実現できる。

人を集めてやってもらうのだ。

人は、よくわからないことでも、お金が貰えるのであればとりあえず働いてくれる。

自分が画期的なアイディアにお金を投じる覚悟があるのであれば、人はたくさん動いてくれるだろう。

それでサンプルをとるもよし、後学に活かして収益を得るもよし。

とりあえず試せるという点で、いったんお金を払う方法は有効だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。