正直であることは最大の武器

ネットで情報を漁ると、どの情報を信じればよいかわからないと思う。あまりにも多くの情報が氾濫しているからだ。

金儲けのために情報を誇大化したり、裏付けもない適当な情報を流すことが横行している。

書く人それぞれの都合の良いように情報を出してくるので、本当にためになる情報を探り出すのは中々難しい。どこまで調査すれば信用に値するのか線引きも難しい。

このような正しい情報を探すのが難しい状況で、道しるべとして利用できるものがある。それは情報を発する人間への信頼性だ。

例えば、僕が日頃からありのままの意見をこのブログで書いているとする。

すると、僕の人柄やこだわりはある程度読者から掴むことができるようになる。

商品を売りたい会社等の思惑に関わらず、いつでも僕が自分の正直な気持ちを書いている人なのだと知ってもらえれば、嘘を書いていないことはわかってもらえる。

もし、僕が間違った情報を出したとしても、それは本当に知識が足りなくて間違えたのだなと思ってもらえる。

読者は僕を詐欺師であるかを疑う必要がなく、純粋に僕が出した情報を吟味できるということだ。

 

情報であふれるネット社会は、いわば闇の中を歩くようなものだ。

まずは明かりを探し、次に道を探すように、手がかりを探しながら進む必要がある。

個人の信頼性とは、その手掛かりの一つになるのだ。

ネットで情報を探す人は、信頼できる情報元という明かりを探し、情報元から発信される情報という道を探す。

自分が、読者にとって信頼できる情報元になることができれば、大きな強みとなるだろう。

ネットで何かを知りたいと思った人が、頼りにする明かりとして自分を選んでくれたなら、それはそのまま自分の価値となる。

ブログの場合はもちろんアクセスにもつながるし、仕事を得るチャンスにもなるかもしれない。

情報も人もフワフワしていて信頼できないこの世の中で、確固たる意見を持って情報を発信できる人は、とても頼れる存在になることだろう。

僕が正直者になりたいブログを作成したのも、この考えがあったからだ。

 

良い情報は良い情報元で見つけることができる。

良い情報元だからといって全てが良い情報とは限らないが、

少なくとも悪い情報元から出てくる悪い情報よりは絶対にマシだ。

良い情報元となるために正直者になる努力をすることは、

良い情報を発信する足掛かりとして必要な過程であるということ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です