年収1億円のキャバ嬢エンリケから学ぶプロ意識!

最近、ホスキャバ系の動画を観ることにハマっている。

 

夜の仕事をしている人間は、自分を売り込むために様々な努力をしている。

彼らは自分の魅力を武器に戦っているので、観ていてエネルギーをくれる。

 

彼らの仕事に対する哲学も十人十色で、本当に勉強させられる。

今回は、1億円を稼ぎ出したことで有名なエンリケの動画を観てみよう。

 

有名ユーチューバーラファエルの動画で仕事への姿勢についてエンリケが語ってくれている動画があるので、ご参考にドウゾ。

 

 

とても明るいキャラだが、仕事に対する真摯な態度が見て取れる。

さすがトッププレイヤーといったところだろう。

単なるキャバ嬢としてではなく、あらゆる仕事に通ずるプロ意識を持っている人だ。

 

この笑顔の裏には、多くの苦労があったに違いない。

整形に頼らず、自分のユーモアとセンスで戦うところがとっても素敵だ。

 

彼女が言っていたことで印象的なのは、健康管理も仕事のうちということだろうか。

どこでも言われるようなことだが、トッププレイヤーが言うと、やはり普遍的に必要なスキルなのだと再認識させられる。

 

仕事を頑張る前に、前提として健康には気を遣っておきたい。

健康第一で仕事に臨もう。

健康を維持することに成功した後で、仕事の成功に向けて頑張るようにしよう。

 

 

スマホから初投稿!!

こんにちわ!

初めてスマホからブログ投稿してみてます!

外出中の時間を使って上手くブログ書かないかなーと感じたので試してみたら、普通にスマホからログできました。

今後はスマホからの投稿も積極的に行っていきたいと思います!!

今後はスマホからのブログもよろしくね!!

 

興味が沸かないのは知識が無いから

友達が落語をやっていると聞き、今度彼の落語を直接見に行くことになった。

見たこともない落語の予習をしているのだが、まさか今まで興味の無かった落語に対して、興味がフツフツと沸いている自分に驚きだ。

興味がないからこそ知識もつかない

僕は落語に対する興味は全くなかった。

だけどなぜ、これほどまでに興味が沸いたのか。

それは、落語を実際にやっている友達の話を聞き、どのようにそれを好きになったかと言う過程を聞くことができたからだ。

友達のおかげで、落語を知るための興味を得ることができたのだ。

知識が無ければ興味も沸かないが、興味が無ければ知識をつける気にもなれない。

自分が好きではないものを好きになるためには、何かを好きで頑張っている人の話に耳を傾ける必要があるだろう。

見識を広めるために、他人の趣味に耳を傾けることは非常に有効であると再認識したゾ。

 

【教訓】

理解できないものがある場合、それを好きな人の話を聞いてみよう。