サグーワークスでお金もスキルも稼げる?在宅ライター必見

サグーワークスというサイトでクラウドソーシングをやっているようなので、評判を確かめてみた。

調べたそばから酷い評価が・・・。

サグーワークスで受注する側、案件を依頼する側共に悪評の板挟み状態のようだった。

一方で、プラチナ会員になれれば1日3万円で稼ぐことも夢ではないという。

これは昔の話のようだが。

システムを見ると、依頼者との細かいやりとりは必要なく、ブラウザ上でテキストを書くだけで仕事完了できるらしい。

依頼者側からしたら恐ろしいシステムだが、受注側としては気楽なシステム内容であるといったところ。

試しにサグーワークスでの案件もたまにこなしてみようと思うので、感想を楽しみにしておいてほしい。

アフィリエイトを最も分かりやすく説明してくれるサイトはここだ

アフィリエイトに関する説明をしてくれるサイトは非常にたくさんあるが、記事の質はピンからキリまである。

自分で実際にアフィリエイトをしたことが無い人が記事を書いており、中身が薄い記事は非常に多い。

そんな中で、自身もアフィリエイトで成功しており、非常に説得力のある記事をいくつも書いてくれているサイトを見つけた。

様々な記事が検索サイトトップで出てくるほど強い個人ブログであるマナブログだ。

サイトはこちら

この人は動画も上げており、有料レベルの情報を無料で公開してくれている。

このような動画を始めとして、様々なノウハウを提供してくれている。

かなり勉強になるので、チャンネル登録しておくとよいだろう。

彼のブログサイトもPVを多く集めているため、実際にアフィリエイトを始める場合などは、ブログサイトを参考にしてみると良いだろう。

ミラティブの収益化とは?ゲーム配信するだけでお金がもらえる時代へ

ミラティブという動画配信サイトがあるのだが、そこで生放送することでリアルマネーが受け取れるようになるらしい。

毎日ゲームをやるだけでお金がもらえるとしたら最高だ。

ミラティブの収益化について軽く説明しようと思う。

収益化の方法

現在の仕様では、オーブを集めてコインに交換することのみが可能だ。

オーブは自分が配信する結果に応じて報酬としてもらうことができる。

コインはアプリ内のアバターや、誰かの配信にアイテムを投げることに使用することができる。

自分の放送でオーブを稼いで、コインと交換して使うというサイクルが可能となっている。

肝心の収益化の話だが、なんとこのオーブをコインの他にリアルマネーと換金できるようになるらしい。

毎日配信してコツコツオーブを貯めていけば、実生活で使えるお金を得ることができるということらしい。

リアルマネー換金に関する詳細は?

実はリアルマネーへの換金は11月に始まる予定だったのだが、12月中旬の現在でも音沙汰がない。

ほんとうに実装してくれるのか気になるところ。

換金レートすらも不明なままだ。

YouTubeですら収益化を渋る昨今なので、あまり期待はしない方がいいかもしれない。

換金機能が実装されたとしても雀の涙なんてこともあり得る。

夢だけ見させて内容グダグダなんてことにはならないようにしてもらいたいが、期待しないで続報を待とう。

墓じまいはミキワに相談しよう

祖母の葬儀をした際に、葬儀をしてお墓に入れるまでの手続きをするまでに大変苦労した記憶がある。

せめてお墓に関する手続きだけでも簡単にできるサービスがあったら楽なのにな、と考えて調べてみたら、墓じまいなどを代行してくれるサービスがちゃんとあった。

今回は、お墓に関する煩雑な作業を代行してくれるサービスについて紹介する。

お墓に関する雑事はミキワへ

ミキワという会社が手広くお墓に関するサービスを行っているようだ。

改築や解体といったお墓作りもやってくれるし、供養先の紹介や面倒な行政手続きまでやってくれるらしい。

身内が亡くなってしまい、何をしたらよいか分からないと困惑してしまう人も多いだろう。

困ったときはとりあえずミキワに相談してみるとよいかもしれない。

参考までにミキワのホームページを載せておく。

墓じまい

ホームページを見てみると、ミキワが手広く依頼に応えてくれることが分かるだろう。

お墓に関するサービスに限定されているとはいえ、やることは多いようだ。

自分だけで調べてやるには大変なので、やはりこういったサービス会社に協力を求めた方がいいだろう。

ミキワは海洋散骨・粉骨までやってくれる

ミキワはユニークなサービスも行っている。

海洋散骨・粉骨というサービスだ。

遺骨を埋めるのではなく、海に流す供養の方法である。

遺骨を砕く粉骨を行い、粉末にした遺骨を東京湾にサラサラと流す。

人によっては亡くなった時に海に遺骨を流してほしいという人もいるだろう。

そのような人の意向に沿うために作られた供養の方法だ。

こちらもホームページを載せておくので、興味があったら見てみてほしい。

散骨

ホームページを確認すればわかるが、ただ海に遺骨を流すのみではなく、周辺の様々なサービスも手掛けていることがわかる。

遺骨を流すスポットがきちんと決めてあり、定期的にそのスポットにお参りに行くことも可能だ。

人間のみではなく、動物の遺骨を流すことも可能で、ペットも人と同じように供養できる点は嬉しい。

独特な供養方法を試してみたい人は、海洋散骨を視野に入れてみてはいかがだろうか。

まとめ

墓じまいや海洋散骨に関するサービスを行っているミキワという会社について紹介したが、いかがだっただろうか。

葬儀に関するイベントは普段中々意識しないことではあるが、いずれは避けては通れないものだ。

今のうちによく調べておき、あらかじめ計画を練っておくとよいだろう。

ミキワのサービス内容をチェックして、このようなサービスがあるのだということを理解しておくだけでも参考になるだろう。

クラウドソーシングで契約すべきでない会社の特徴を教える(在宅ワーカー必見)

在宅ワークで飯食っているという人は少ないかもしれない。

本業のかたわら、副業としてクラウドソーシングサイトを利用しているという人は多いだろう。

今回は、僕が実際にやっているライティング関連のクラウドソーシングサイトについて、契約は避けた方がヤバい会社の特徴を紹介する。

クラウドソーシングって何?っていう人は自分で調べてきて欲しい。

簡単に言うと仕事を仲介してくれるサイトを通して仕事をすることだ。

案件の報酬などは仕事を振ってくる会社次第なのだが、会社によって地雷となr会社があるという話。

地雷となる会社の特徴はこれだ!

とりあえずこの2つが危険。よくある。

・初心者歓迎!スタッフが丁寧に教えます!

・マニュアル完備!

一見ちゃんとしてそうな募集文言だけど、中々マズイ会社が多い。

順番に説明する。


初心者歓迎!スタッフが丁寧に教えます!

初心者歓迎ということは、大した仕事は振らないよと言っているようなものだ。

自分が誰かに記事を依頼する時は、当然できる限りスキルが高い人にやってもらいと思うだろう。

初心者でもいいよ!と言ってるのは親切心でもなんでもなく、スキル高い人が集まったとしてもうちは大して報酬出せませんよって言ってるわけだ。

つまり、確かに初心者でもでいるくらい簡単だけど、報酬がとても安い案件が多くを占めることになる。

もちろん、初心者にとっては入りやすいので有難い存在ではあるのだが、遠慮せずに案件は選んだ方が良いだろう。

中には、報酬は安いですが初心者にとって経験になりますよーとうたって異常に安い報酬で募集してるクソ会社があるので注意。

我々が案件を取る際に、最も欲しいのは金だということを忘れるな!

経験なんて色んな案件こなしてれば自然に積める。

お金が安い代わりに貴重な経験させてあげますよー(微笑)なんて言ってるところは間違いなくクソ案件なので騙されてはいけない。


マニュアル完備!

マニュアル完備してくれること自体はけっこう助かる。

良い会社ほどマニュアルをしっかり作ってくれているので、マニュアルがあるからといって地雷というわけではない点は覚えておいてほしい。

一部地雷が存在するため、マニュアルをよく読んで地雷会社かどうか判断してもらいたい。

マニュアルがしっかりしているということは、すなわちライティングのルールがしっかりしているということだ。

ルールが厳しすぎて、マニュアルを覚えるのがやたら大変だったり、何度も手直しを要求してくるところがある。

審査を厳しくして質の高い記事を求めるのは企業として当たり前なのだが、果たしてそこまでの労力をかけるほどの報酬をくれているだろうか?という問題になってくる。

報酬が安いくせに、こちらへの要求がやたら高い会社はたくさんある。

割に合わない仕事を平気で振ってくる会社に洗脳されないためにも、いろいろな会社と契約して試してみた方がいい。

一つの会社と契約して満足している人は、本来他の案件でもっと楽に稼げる可能性がある点を見逃しがちだ。

記事自体の単価が高くても、作業にやたら時間がかかってしまい、かえってもっと安い案件を数多くこなしたほうが儲かるじゃん!?なんてことになりかねない。

記事作成にあたって、やたらと要求してくる会社を相手取る場合は、報酬が見合っているかどうかを常に考えるようにしよう。

MEGWINが大炎上している事件の詳細を伝える

MEGWINというユーチューバーの走りのような人物がいるのだが、大炎上して大変なことになっている。

とりあえず説明すると大変なので、様々なユーチューバーによる説明動画を観てみて欲しい。

これで大体理解できるだろう。

動画からもわかるように、相当注目されている。

MEGWINはそのくらいユーチューバー界隈では大物であるということなのだ。

最後にMEGWIN本人による謝罪動画を実際に見てみよう。

これがMEGWIN本人である。

この動画を見てどのように感じただろうか?

今回はとりあえず事件を報告するのみとした。

なぜ偏見を持たれる職業が生まれるのか?

ある職業が偏見で語られているところを目にすることがある。

代表的なところで言うと、肉体労働・接客系の仕事などはよく偏見で語られているところを見る。

その業界で働いてる人もプライド持ってやってるんだから差別しないで!と主張している様子もよく見る。

Twitterなんかじゃ、おセクシーなお仕事してる人が偏見だらけの客への不満を漏らしてたりするよね。

職業によって偏見を持たれやすいことがあるのは事実だろう。

偏見を持たれてしまう職業の特徴とは何なのかを徹底解剖しよう。

徹底解剖といっても答えはカンタンだ。

誰でも始めることができる仕事だからだ。

ホリエモンが保育士を誰でもできる仕事であると言って炎上したことがあったが、その意見に近い。

厳密に言うならば、その仕事に対して全くプライドを持っていない人が参入しやすい業界ほど、偏見を持たれやすくなるということだ。

例えば身分証が無かったり、前科持ちでも雇ってもらえる仕事がそれに該当する。

仕事が無い人が、とりあえず手に職つけたいと思った時に適当に始められる仕事ほど偏見を持たれやすい。

適当に始められる仕事だから、その業界に愛着を持っていない人が紛れ込む。

業界に愛着を持っていない人が多いほど仕事が適当になるし、ちょっとくらい客を騙しても儲かればいいやという、悪どい考え方をする人が増える。

このような適当で悪意のある人間が様々な所で問題を起こしてしまうため、その業界の人間全てが悪人なのではないか?と思われてしまうことがあるのだ。

具体的な例を挙げれば土木、ホスト、介護士などだ。

これらの仕事は、特にその仕事を好きでなくても簡単に参加することができる。

お金さえ貰えればそれでいいやという思考の人が多く集まりやすいのだ。

もちろん、その業界を愛して働いている人は、質の高い仕事をしっかりと行なっている。

だからといって、偏見を持つなというのは難しいだろう。

悪人を受け入れやすい体制を作ってしまっているという事実があるのだから。

反対に、適当に仕事をする悪人が中々参加することができない業界は偏見を持たれにくい。

弁護士・医者など、そこで働くまでに大金や勉強が必要な仕事には、その日のお金のためだけに働こうという適当な人間が集まりにくいからだ。

適当な人間を省くことによって、仕事にプライドを持ったプロフェッショナルのみが集まりやすい仕組みを作ることができるだろう。

つまり、業界に対して偏見を持たれたくないのであれば、その業界に入るためにパスする必要がある試験をいくつも用意してやるといい。

いくつもの試験を通過した精鋭のみが働けるようにしてやれば、安直な手抜きをして評判を下げる人が入りにくくなるだろう。

しかし、手間暇をかけて人材を選りすぐるわけだから、当然通過した者たちには高い報酬を支払わなければならない。

簡単にまとめると、業界が偏見を持たれないようにするためには人材の質を上げなくてはならない。

しかし、人材の質をあげるためにはお金がかかる。

当然の理屈に落ち着いてしまうことになる。

偏見を持たれて困っている業界の人は、まず良い人材を得るためにやるべきことを考えよう。

さらに、良い人材を得るために必要なお金を計算してみる。

業界全体を良くしようとするといくらお金を積んでも足りないが、もしかしたら自分の店くらいなら評判を高めることができるかもしれない。

他のお店は適当だけど、あのお店なら信頼できるという世間からの評価を作ることができれば、非常に有利に立ち回ることができるだろう。

業界自体が偏見を持たれやすい場合はむしろチャンスだ。

人材育成に力を注ぐことによって、適当な人間が多い業界の中で頭一つ分抜け出ることができる可能性があるだろう。

自分が偏見を持たれやすい不利な業界にいる場合は、逆転のチャンスを狙うことができる点もよく覚えておこう。

人身事故が発生しまくっているのに何故JRは放置しているのか!?その理由に迫る

駅の人身事故のせいで電車が遅延し、非常に困った経験がある人は多いだろう。

これほど頻繁に人身事故が発生するのであれば、駅のホームにバリケードを設置すれば良いのにって思ったことは無いだろうか。

実際、地下鉄では乗車客が誤ってホームに落ちてしまわぬようにバリケードが張られている。

地下鉄のバリケードには自動ドアが設置されており、電車の扉が開く時だけバリケードの扉も開く。

この仕組みをJRも取り入れれば、誰もホームに落ちないだろうにって常々思うんだよね。

さんざん人がホームに転落して亡くなっているというのに、それを野放しにするJRって血も涙も無いのだろうなって思ってた。

気になってJRがバリケードを張らない理由を調べてみたのだが、金銭的な問題が大きいらしい。

ソースがJRではなく、Twitterか何かで発言してた鉄オタってぽい人の話だから信憑性は薄いけど。

一駅にバリケード張るだけでも相当な金がかかるから無理みたいな話をしてた。

金がかかるとはいえ、バリケードを張らない会社の不手際のせいで何人も人が亡くなってるわけだし、優先的にバリケードを張るべきだと個人的には思うんだけど。

バリケードちゃんと張ってる地下鉄は何なんだっていう。

言い訳にしか聞こえないけど、JRほど多くの駅を抱えてしまうと仕方がないことなのかもしれない。

できればもっとちゃんとしたソースを引っ張ってきて、人身事故を防ぐことがどの程度大変なことであるかっていう話を聞いてみたいな。

また今度調べてみようと思う。

クラロワのキャラが金色に!?新スキンがやばい()

クラッシュロワイヤルで最近アップデートされた内容が面白い。

なんと、キャラにゴールドスキンを着せることができるという内容だ。

キャラが金色の装備をまとい、ゴージャスな出で立ちで戦うところを見ることができる。

スターレベルというのを上げるとキャラを金色に染め上げることができるようだ。

スターレベルを上げることができるのは、レベルがMaxのキャラのみ。

つまり、カンストしているキャラのみが金色に輝く権利を得られるということになる。

無課金がキャラを金色にするのは中々難しいかもしれない。

レベルがMaxになってしまい、キャラを育成できなくて暇だと感じている人用の仕様と考えればよいだろう。

このゴールドスキンは敵からも確認することができるため、自分の光輝くキャラを見せびらかせることも可能だ。

最近クラロワをやってないという方が見たら、大きく雰囲気の変わったキャラを見て驚いてしまうかもしれない。

クラロワは他にもトレードコインなど、斬新なアップデートを重ねている。

クラロワから離れている方は、この機会に再度プレイをしてみてはいかがだろうか。

大会も活発に開催しており、今後も期待ができるゲームだろう。

CMSって何?CMS入稿の経験を聞かれる理由とは?

ライティング系の仕事を探すときに、CMS入稿をしたことはあるか?という質問をされた経験は無いだろうか。

CMSってなんだ?って思うかも知れないが、これは簡単に言えばサイトからブログを投稿できる仕組みだと思って貰えばいい。

最も分かりやすいのはワードプレスだろう。

ワードプレスでサイトを作ってブログを投稿している人は多いだろうけど、このワードプレスがCMSに該当する。

サイトを作るだけでも、本来はHTMLやcssを用いてプログラミングしなくてはいけないから面倒なのだけど、ワードプレスのようなCMSを使えば簡単に作ることができるでしょ。

ITの人が好きな言い方すると、直感的に作成できますといった感じ。

CMS入稿したことありますか?って聞かれたら、ワードプレスのようなサイト上で記事作成して更新した経験はありますか?って聞かれると考えていい。

単にメモ帳やワードに書いた記事を契約先に送ったのみではなく、ワードプレス上で自分が文字装飾したり、画像挿入した経験がありますか?ということだ。

CMS入稿って聞くと大仰な感じがしてビビってしまうが、ワードプレスで記事作成なんて自分のサイト持ってる人間なら誰でも経験するようなことだよね。

CMS入稿と聞いてもビビる必要は無いよって話でした。