最近新しいゲームがぞくぞくと出てきている

僕はiPhoneを使っているのだが、最近新しいゲームがたくさんでてきているような気がする。

MMOのような大型ゲームもあれば、パズルゲーのような軽いものまである。

時期的にゲームがリリースされる時期なのだろうか。

とりあえず最新のゲームはダウンロードしてやってみてるが、徐々にクオリティが上がってきている気がする。

気長にやっていこうと思う。

なにか面白いものがあったら紹介してみようと思う。

オーバーヒットというゲームが日本に来た

韓国のオーバーヒットが日本に上陸した。

実は僕は韓国版をプレイしたことがあったのだが、当時はそんなに面白いとは感じなかった。

先程日本版をプレイしたのだが、意外と楽しめた。

多分言語がわかるからだと思う。

韓国版をやっていた頃はストーリーがわからなかったから、どのように進行しているか全くわからなかった。

今回日本語でストーリーを見たことで、キャラの個性が把握できるようになったのがデカい。

ストーリーがコミカルで中々面白かった。

グラフィックも綺麗で、単純にゲームとしても優れているだろう。

今後はちょくちょくプレイしていこうかなと思う。

今はチュートリアルをプレイしているところだが、最大級レアでもないキャラの攻撃グラフィックからしてしっかりしている。

キャラのデザインが韓国よりで日本人の好みに合うかは微妙なラインだが、ゲーム自体はそこそこ日本人からの人気を集めるのではないだろうか。

言語によってこんなにも変わるとは

それにしても、韓国語か日本語かで面白さが変わるとは新鮮だ。

いや別に国の言語によって面白さが変わるとか差別的な話をしているわけではないよ。

英語はある程度わかるんだけど、韓国語って無学だとホントにどう読めばわからないからしんどい。

英語は日本でもある程度勉強するため、簡単なワードを手掛かりに解読することができるけど、韓国語はその言語に興味をもって勉強しない限り全く情報が入ってこないからな。

隣の国なのに、よくよく考えてみると不思議だよ。

韓国のゲームはすぐれてるから、ほんとうは韓国語も覚えてしまえた方が最大限ゲームも楽しめるんだろうけどね。

今後は黒い砂漠とかも日本に来るだろうし、楽しみにしておこう。

後程オーバーヒットの評判なども書いていけたらと思う。

楽しみにしていて欲しい。

懐かしのスーパーファミコン

スーパーファミコンってまだ売ってたんだ。

8000円程度で買えるらしい。

この値段が安いと感じるか高いと感じるかは人次第だろう。

レトロゲーを楽しむにはいまや不可欠といっていいだろうし、レトロゲーファンにとっては価値が高いものと言えるかもしれない。

しかしこのスーパーファミコンが廃盤にならず、今もこうして売っていることは有難いことなのかもしれない。

それだけスーパーファミコンが優れていたということだろう。

僕もスーパーファミコンのこのソフトがやりたいと感じることがある。

スーパーマリオコレクションとかボンバーマンとかけっこうハマった気がする。

このスーパーファミコンを見て懐かしくなった人は、これを機会にまたやってみたらどうだろうか。

ソフトはディスカウントストアなどで入手できるだろう。

龍が如くのヤクザが面白いという話

最近は龍が如くのムービーを見るのにハマっている。

リアルな極道の世界の面白さを見せてくれると共に、ゲームならではのありえない展開で楽しませてくれる。

敵を消すなら背後から銃で撃てばいいものの、ゲーム内の男たちは熱すぎて何故か拳でタイマンを始めてしまう。

ゲームだからこそ突き詰めることができる極道の世界観のようなものがこのゲームにはあって、うまく作り上げられている気がする。

このゲームは極道の世界に対して憧れすらも抱かせるが、このゲームをやって実際に極道の世界に本当に足を踏み入れる者は中々いないだろう。

この世界はゲーム内でしか実現できないことがわかるからだ。

巨影都市というゲームが面白すぎる

ウルトラマンに似た巨大な生命体が突然現れて命からがら逃れるゲームがおもしろい。

該当ゲームを実況している人の動画は以下だ。

http://nico.ms/1504808293

主人公が何故か婦警さんの制服を盗めたり、ネタ要素満載の不思議なゲームだ。

中々臨場感があってハラハラできるので普通にゲームとしても楽しめそうだ。

興味があればやってみるといい。

 

ニーアオートマタが奥深くて面白い

最近ニーアオートマタの実況動画を観ている。

ドラッグオンドラグーンシリーズからニーアオートマタにかけては僕の好きなシリーズだ。

いつか自分でもニーアオートマタはプレイしたいと思う。

早く稼ぎたい・・・。

参考までに僕が今見ている実況動画を紹介しておく。

http://nico.ms/sm32097471

ニコニコ動画で牛沢さんという人が実況している動画だ。

動画編集もしっかりしてるし、丁寧で面白い。

個人的にもオススメの実況者だ。

興味があればどうぞ。

PUBGのスマホ版がついに発売!荒野行動と比較してみた

PUBGのスマホ版がついに登場したので、さっそくやってみた。

正直な感想を言うと、かなりクオリティの低いゲームだった。

荒野行動をはじめとして、PUBGのパクリゲームは多々出現していたが、オリジナルだからといって特別クオリティが高くなるということはなさそうだ。

スマホゲーでいうと、やはり荒野行動が群を抜いてレベルが高い。

グラフィックはもちろん、操作性やコミュニティ機能の充実っぷりも、そこらのゲームとは全然レベルが違う。

PUBGはオリジナルにも関わらず、スマホ版はかなりレベルが低い。

荒野行動以外の有象無象ゲームとたいしてレベルが変わらないと思った。

PUBGがスマホに参入して日が浅いということもあるだろう。

今後どのように進化していくか期待したい。

今のところはガッカリしたという感想しかない。

 

ドラッグドラグーンの雰囲気がいい

ニーアオートマタを見てからというもの、ドラッグドラグーンが懐かしくなってつい久しぶりに見てしまっている。

この徹底したダークファンタジー感が独特で素晴らしいのだ。

このようなゲームを生み出してくれるところは中々ない。

ダークファンタジーというと、ただ邪悪なものが出てきたり、グロ表現が多いだけだったりするのだが。

ドラッグドラグーンシリーズもニーアシリーズもそこに芸術性があったように思う。

これこそが人気の秘密なのではないだろうか?

 

 

荒野行動が訴えられた件について

スマホゲームの荒野行動が、先日訴訟されたことが話題になりました。
荒野行動は、100人が同時にとある島に飛び降り、一人が生き残るまで戦い続けるバトルロイヤルゲームです。

このゲームはスマホゲームですが、PCゲームのPUBGに類似しているということで訴訟されました。

もともとPUBGが人気を博していたところ、荒野行動はシステムをそのままスマホに移植してきたイメージですので、訴訟されたのは仕方がないでしょう。
二つのゲームを比較してみても、ほとんど同じゲームにしか見えません。

むしろ、今まで荒野行動が訴えられていなかったのが不思議なくらいです。

なぜ、いまさらと言っていいこの時期に訴訟が起こったのでしょうか。
理由はおそらくPUBGスマホ版の発売でしょう。

PUBGはその爆発的な人気に応え、スマホ版の制作を発表しました。
PUBGのスマホ版を発売するにあたり、荒野行動が邪魔になったということでしょう。

PUBGをパクった荒野行動を潰したうえで、PUBGのスマホ版を発売しようという考えが透けて見えるようです。

しかし、ユーザーはこの動きを歓迎していないようです。

すでに荒野行動には2億人ほどのプレイヤーがおり、今更サービス停止をしないで欲しいという声が大きいです。
荒野行動の運営側も、今サービスを停止することは難しいと言っています。

PUBGの意図通りに荒野行動をサービス停止に追い込むことはできないかもしれません。

プレイヤー数が数千万人のPUBGと比べて、荒野行動は2億人もいるため、PUBGには悔やまれることでしょう。
荒野行動の戦略勝ちであると言えるのではないでしょうか。

今後PUBGからもスマホ版が発売されますが、荒野行動とどのように折り合いをつけるのかが見どころでしょう。

システムは同じでも、荒野行動は簡単で、PUBGは若干玄人向けの操作難度であると言われいます。
意外と、PUBGと荒野行動でそれぞれファン層が分かれ、バランス良く住み分けされるかもしれません。

著作権の問題はあるとはいえ、プレイヤーにとっては似たようなゲームが二つ現れることは朗報でしょう。
今後のPUBGと荒野行動の動向を見守りつつ、ゲームプレイを楽しみましょう。

ボーダーブレイクがPS4で発売するらしい

ゲームセンターで人気のあのボーダーブレイクが、なんとPS4で発売するらしい。

多人数でチームを組んで陣地を取り合うバトルゲームなのだが、これが面白い。

唯一のネックは、ゲームセンターのゲームということで、かなりの出費が求められることだった。

中でもボーダーブレイクは出費がかさむゲームとして有名であったため、敬遠する人も多い。

これが基本無料でPS4でプレイできるというのだから、最高だ。

個人的にはスマホで出して欲しかったが。

気になる人は公式サイトを調べてみてほしい。

今年の8月に発売予定とのことだ。