仕事はブログ、息抜きもブログ

仕事でブログ記事を書いているのだが、ものによってはルールが多いため、けっこう作成すると疲れる。

だから息抜きとして、自分のブログで自由に書いたりしてみるわけだ。

息抜きも仕事に繋がるから、自然にスキルアップできるという算段。

良いサイクルになれば良いと思う。

趣味と仕事を一体化させるのが最も効率良い方法なんだろうなぁと感じる今日この頃。

こっちのブログもおいおい勉強しながら、進化させていけたらと思う。

収益を意識せずに気長にやりたい。

僕の広告に何故かゲーム関連のものが入ってくる

最近の広告枠にゲーム関連の表示がされる。

あまりゲームに関する話題は載せていないのになぜだろうか。

だがゲームのこうこくが表示されるのは嬉しい。

ついクリックしてしまいそうになるのが心配になるが。

グーグルアドセンスはそのブログに合った広告を表示してくれるらしいのが良いんだよね。

毎回変わる広告を見るのは中々面白かったりする。

これつけて稼げた試しがないけど、本当に効果あるのだろうか。

まずは閲覧つけなきゃどーしようもないけどね。

自分のサイトの広告はクリックしてはいけません

自分のサイトの広告が気になってついクリックしてしまいそうになるのだが、危うくクリックしてしまうタイミングでやべっ!てなる。

自らクリックすると規約違反になってしまい、広告が停止されてしまうみたいなのだ。

自分でクリックしてカウントされてしまうのであれば、自分でクリックしまくれは収益そんだけ貰えちゃうことになるからね。

でも自分のクリックはカウントしないとか融通利かせてくれないもんかね。

そのくらいの設定は簡単にできそうなもんだけど。

自分のサイトの広告をクリックしないように気を遣うのってけっこうしんどいよ。

大体200記事公開したあたりからPVが伸びるらしい

現在の記事公開数は70程度だが、記事一つ一つの内容が薄いため、200記事で盛り上がるかどうかは不明だ。

まぁコツコツ続けていきたいと思う。

ブログで上手に収益を得る方法でも学んでみようかなっと。

余裕が無いと感謝はできない

最近、いろんなものに対して感謝ができるようになった。

以前はコンビニ店員のレジ打ちが遅いだけでもイライラしたものだが、そのようなことも無くなった。

多分、自分の生活に余裕ができたからだと思う。

向いていない仕事を辞め、今は在宅ライターとして自分に向いている仕事のみをしている。

今は贅沢はできないとはいえ、時間やお金に縛られることもない。

感謝できたり貢献意識の高い人は尊敬していたが、なんのことはない。

彼らには単純に余裕があったというだけの話だった。

自分に余裕があれば自然にそんな気持ちは沸いてくる。

辞めた会社や別れた人たちに対する感謝が今更沸いてきており、辞める前にこのくらい感謝できればよかったのにとも思う。

しかし、会社を辞めずにいたら、たぶんこのような感覚に至ることも無かったのだと思う。

不満と違和感を抱えて仕事場を往復する毎日だっただろう。

今までいたところを捨てるというのは非常に勇気がいることだが、必ず選択を迫られるタイミングは来るのだと思う。

チャレンジする道を選んでよかったと思う。

おかげで自然に感謝する習慣をつけることができた。

一体みなさんはどこからこのブログにアクセスしているのだろうか?

ブログがSEO乗っからず、閲覧が伸びない。

自分のブログとタイトルで検索しても出てこないのだから、そりゃ誰もくるはずがないだろう。

だが、閲覧は確実についてはいる。

検索にものぼらないこのブログに、みんなはどのようにアクセスするのだろうか?

 

適度な運動をしないとマズイ

在宅ライターに転身してから、運動不足も気になるようになってきた。

ずっとあぐらをかいたまま作業しているせいか、股関節が固まってしまった。

四十肩の足版のようなもので、足を動かす機会が少ないとこうなるらしい。

毎日20分歩くと改善するようなので、リハビリがてら散歩でもしようかと考えている。

これも実は通勤に助けられていた面がある。

通勤で歩いていたのがけっこう健康に貢献してくれていたのだなと思う。

フリーランスは、時間管理や健康管理も自分でしないといけない。

中々大変だ。当たり前のことなんだが。

ついに閲覧がついた

このブログを開設してから、ついに閲覧がついた。

当たり前だが大きな一歩なので嬉しい。

開設して数日間、アクセスがなかったのと、

ワードプレスでアクセス解析をしてくれるプラグインを入れたのが初めてだったということもあり、

若干不安だったのだ。

今回閲覧数が表示されていて安心したので、引き続き進めていきたいと思う。

正直であることは最大の武器

ネットで情報を漁ると、どの情報を信じればよいかわからないと思う。あまりにも多くの情報が氾濫しているからだ。

金儲けのために情報を誇大化したり、裏付けもない適当な情報を流すことが横行している。

書く人それぞれの都合の良いように情報を出してくるので、本当にためになる情報を探り出すのは中々難しい。どこまで調査すれば信用に値するのか線引きも難しい。

このような正しい情報を探すのが難しい状況で、道しるべとして利用できるものがある。それは情報を発する人間への信頼性だ。

例えば、僕が日頃からありのままの意見をこのブログで書いているとする。

すると、僕の人柄やこだわりはある程度読者から掴むことができるようになる。

商品を売りたい会社等の思惑に関わらず、いつでも僕が自分の正直な気持ちを書いている人なのだと知ってもらえれば、嘘を書いていないことはわかってもらえる。

もし、僕が間違った情報を出したとしても、それは本当に知識が足りなくて間違えたのだなと思ってもらえる。

読者は僕を詐欺師であるかを疑う必要がなく、純粋に僕が出した情報を吟味できるということだ。

 

情報であふれるネット社会は、いわば闇の中を歩くようなものだ。

まずは明かりを探し、次に道を探すように、手がかりを探しながら進む必要がある。

個人の信頼性とは、その手掛かりの一つになるのだ。

ネットで情報を探す人は、信頼できる情報元という明かりを探し、情報元から発信される情報という道を探す。

自分が、読者にとって信頼できる情報元になることができれば、大きな強みとなるだろう。

ネットで何かを知りたいと思った人が、頼りにする明かりとして自分を選んでくれたなら、それはそのまま自分の価値となる。

ブログの場合はもちろんアクセスにもつながるし、仕事を得るチャンスにもなるかもしれない。

情報も人もフワフワしていて信頼できないこの世の中で、確固たる意見を持って情報を発信できる人は、とても頼れる存在になることだろう。

僕が正直者になりたいブログを作成したのも、この考えがあったからだ。

 

良い情報は良い情報元で見つけることができる。

良い情報元だからといって全てが良い情報とは限らないが、

少なくとも悪い情報元から出てくる悪い情報よりは絶対にマシだ。

良い情報元となるために正直者になる努力をすることは、

良い情報を発信する足掛かりとして必要な過程であるということ。

 

 

このサイトのコンセプトについて

このサイトの目的について書こうと思う。

このサイトは、端的に自分の正直な考えを綴るためのブログとして作成した。

様々なジャンルを通して、自分の見識を深めたいと考えている。

調べた情報を皆に共有しつつ、意見も述べていきたいと思う。

体裁にこだわるつもりはなく、とにかく簡潔に情報を伝えることを目標にしたい。

だからです・ます調にもしない。不躾なイメージはあるものの、

だ・である調の方が余計な文字数を消費しないからだ。

情報をストレートに伝えるためには向いているだろう。