【PC初心者用】高スペックPCを安く買う方法

店頭で売ってるパソコンは基本的に高い。

安くパソコンを仕入れる方法をお伝えしたい。

店頭のパソコンが高い理由

店頭のパソコンはすぐに使えるよう組み上げてあるため、その手間賃が上乗せされている。

カフェのコーヒーが高いのと似たような理屈だ。

雰囲気代と人件費で割高になっているようなもの。

また、パソコンの中にエクセルなどの有料ソフトがあらかじめインストールされている場合があり、そういったソフトの値段も含まれることによって高くなっている。

無料でソフトを入れてくれているわけじゃないのだ。

全くいらないようなソフトを勝手に入れられていて、知らぬ間にお金を支払わされている場合があるということ。

安くパソコンを仕入れるためには

店頭で勝手にやってくれているようなことを、やってもらわない状態でおパソコンを買えばいい。

それなら、人件費を上乗せされることもないし、無駄なソフトの代金を支払う必要もない。

具体的な方法は以下の通りだ。

自作でパソコンを作る

自作パソコンを作れば、パーツを選ぶのもインストールするソフトを選ぶのも自分なので、無駄なお金がかかることはない。

同じスペックのパソコンを組み上げるにしても、かなり格安でパソコンを手に入れることができるだろう。

パソコン組み立て業者に依頼する

自作する自信がない場合、業者に依頼することもできる。

自分が好きなパーツを選択し、組み上げた状態で送ってもらうよう、依頼をかけることができる。

手数料が取られるとはいえ、店頭で売られているパソコンよりも無駄なくセッティングすることが可能であるため、ずいぶん格安でできる。

自分で考えない分高くなる

以上、格安でパソコンを買うための知識を紹介したが、いかがだっただろうか。

自分で頭を使って考える機会を減らすほど、誰かがそれをやってくれるので、割高になってくる。

自分で頭をひねって安くパソコンを仕入れる方法を考えるか、多くのお金を支払ってでも楽したいか。

そこらへんは自分の好みで考えてみて欲しい。