YouTubeの収益の闇が深すぎる・・・。

久しぶりにYouTubeで動画投稿していこうと思って収益化の申請をしてみたんだけど、なぜかできない。

なぜだ?と思ったら、2月からシステムが変わっていたらしい。

なんとチャンネル登録者1000人いないと収益が受け取れないシステムになってしまったらしい。これは酷過ぎる。

まぁ質の悪い変な動画に収益を与えないという目的があると思うので、環境を良くするには当然の対策なのかもしれないけどね。

字幕だけで中身の動画とか溢れてたしな。

でも⒦ぃガルに収益化の夢を見ることはできなくなった。

残念といえば残念だ。

このYouTubeの収益化のルール変更に関しては、様々なユーチューバーが悲鳴をあげている。

説明とかもしてくれているので、参考に見てみると良いだろう。

ユーチューバー達にとっては死活問題なので、けっこう慌ててるね。

新規参入でやる人には特にハードルの高い仕様になってしまった。

今後YouTubeで活動するなら、収益度外視で趣味としてやっていくか、本気で売れるための努力をする必要があるだろう。

ほそぼそと副収入として稼ぐというのは、今後は難しそうである。

YouTubeは規約も厳しくなってきてるし、だんだん締め付けが激しくなってきた。

一体どのような目的でこのような締め付けをしているのだろうか。

YouTubeも運営が中々厳しくなってきているのかもしれないね。

動画の質をあげて、しかるべき人にお金が渡るようにしないと、YouTubeの資金も底をついてしまうのかもしれない。

なんらかの危惧があるからこそ、このようなルールの締め付けを行っているのだろう。

合わせていくのは大変だが、YouTubeがよりクリーンになるためだとおもって、合わせていこう。

不正して稼ぐ連中が沸くよりもマシだろうから。

 

 

 

 

 

SEO対策用!伸びるブログに必要な文字数とは?

自分のブログの閲覧数を伸ばしたいと考えてる人は多いはずだ。

ブログの人気を高めるためには、SEO対策を適切に行わなくてはならない。

あまりにも短い文章の記事ばかりを更新してしまうと、内容の薄いサイトであると判断され、検索上位にあげてもらえない可能性がある。

一つ一つの記事を丁寧に仕上げて、そこそこの文字数を稼ぐようにしよう。

最低でも1000文字の記事を揃えておかないと、中々閲覧が伸びないようだ。

意外と1000文字書くのは大変なので、一日一記事でもいいのでコツコツ継続してみよう。

ちなみにここまでで238文字だ。

1000文字書くのって結構大変だ。

このブログもいつも文字数が少ないので、今後はもっと文字数を増やしていこうと思う。

内容が薄いと思われてSEO下げられてしまうと悲しいので。

一応記事ごとに1つは有益な情報が得られるようにしているが。

それにしてもSEO対策の話とかを見ると、色々と細かくて大変だなと感じる。

最近は検索AIも進化しているようで、サイトの審査基準も複雑になっているようだ。

昔はできたような不正行為みたいのも、どんどん潰されていっているらしい。

真面目に更新してる人が勝てる時代になってきたのは良い流れだと思う。

このブログも変な小細工みたいなものは使わず、地道に更新していけたらいいと思う。

仕事の報酬をアップさせる判断基準とは?

仕事を依頼すると、種類によって全然進捗が変わる。

試験的に10円で一記事作成を依頼してみてるのだが、なんでもいいから書いてみて下さいという依頼は100記事ほどすぐに集まる。

しかし、オカルトやグルメなど、こういったテーマで書いてくださいと依頼すると、2件ほどしか集まらなかった。

やはり、縛りを入れるほどそれだけ頭を使わせるので、中々仕事が集まらなくなるようだ。

そりゃそうだ。10円で書きたくない。

こちらから条件を付けくわえる場合など、仕事するものが面倒なことがある場合は、やはり色をつけてあげる必要がある。

もしくは、安い報酬でも良いような仕事を振ることだ。

 

ブログとYouTubeで稼ぐならどちらが効率的か?

ブログとYouTubeで動画投稿するのはどちらが稼げるのだろうか?とふと気になったので調べてみた。

とりあえずこのサイトで基本的な情報がでてきたので参考に紹介しておく。

ブログとyoutubeなら稼ぐにはどっちがおすすめ?

期待したよりは当たり前のことしか書かれていないイメージだが、基本的なことをわかりやすく解説してくれてるので、アフィリエイト初心者などにはオススメだ。

気になったら見てみるといい。

 

YouTubeの収益で稼ごうとしてる人が注意すべきこと

YouTubeチャンネルの収益化を有効にしようとしたら、拒否さrてしまった。

審査が通らなかったらしい。

 

実は、同じ名前で他のチャンネルで収益を得ることできないらしい。

自分の名前で登録したチャンネルは一つのチャンネルしか収益化できない。

複数のチャンネルを運営しながら収益を得るには、メインチャンネルから招待した上でやらないといけないらしい。

 

融通が利かないと思うが、仕方ないかもしれない。

面倒だから僕は片方のチャンネルを削除した。

 

グーグルの規約がいまいちわからないため、たまに調べて情報共有できらえあと思う。

コピペ禁止のサイトがアホすぎる

最近、コピペされるのが嫌なのか、文字をコピーできないサイトが数多くみられる。

パクリ防止とはいえ、これでは引用もできない。

自分のサイトの知名度を損なう愚かな行為だと思う。

まんま文章をコピーすることは違法だから、あとから誰かが丸々コピーしてきた場合は強制削除させることも可能なんだし、自らサイトにロックかける必要もないのに。

というかパクられて喜ぶくらいの精神力じゃないとうまくいかないと思うんだが。

 

キャッチコピー作成ツールが面白い

自動で企業などのキャッチコピーを作成してくれるツールが面白い

キャッチコピー作成ツール

豆腐というワードを入れると

一度きりの豆腐選びのつもりで選んでください

などど表示される。

簡単にキャッチコピーを作れてしまうので、興味がある人にはオススメだ。

 

 

 

仕事はブログ、息抜きもブログ

仕事でブログ記事を書いているのだが、ものによってはルールが多いため、けっこう作成すると疲れる。

だから息抜きとして、自分のブログで自由に書いたりしてみるわけだ。

息抜きも仕事に繋がるから、自然にスキルアップできるという算段。

良いサイクルになれば良いと思う。

趣味と仕事を一体化させるのが最も効率良い方法なんだろうなぁと感じる今日この頃。

こっちのブログもおいおい勉強しながら、進化させていけたらと思う。

収益を意識せずに気長にやりたい。

画期的な発想が必要だけどそれでお金貰うのは難しい

画期的な発想をビジネスに持ち込むのは重要だが、中々それは実践しずらい。

会社は確実に成功できるものに着手しないと運用することが難しいから。

色々試すには、会社と言う組織は大きすぎるんだよね。

よくわからないものに対してお金を払うリスクをとりたくないという考え方も当たり前だし。

自分が仕事を振る側になると自由が利くようになる

画期的なことをやってお金を貰おうとするから難しい。

画期的なことに対して自分が出資するのであれば、意外にも簡単に実現できる。

人を集めてやってもらうのだ。

人は、よくわからないことでも、お金が貰えるのであればとりあえず働いてくれる。

自分が画期的なアイディアにお金を投じる覚悟があるのであれば、人はたくさん動いてくれるだろう。

それでサンプルをとるもよし、後学に活かして収益を得るもよし。

とりあえず試せるという点で、いったんお金を払う方法は有効だ。