韓国でビットコイン3兆円分が流出したらしい・・・。コインチェック余裕越えの被害

韓国の業者がビットコイン流出被害受けたって。

この記事を見てみて欲しい。

https://www.cnn.co.jp/tech/35120719.html

さっきもニュースでやっていた。こりゃ大事だ。

ハッキング被害受けた韓国業者はどうするんだろうか。自殺物ってレベルじゃないぞ3兆円って・・・。

ちょっと今後の動向を見守る必要があるだろうね。

韓国業者ってどこだろ。

取引所でなければ日本人は被害を受けてないと思うけど。

世界で取引できる天下の仮想通貨ビットコインだし、少なからず影響は受けるだろうね。

むしろビットコインは暴落するだろうし買い時ってことかな。

まぁビットコインで稼いでも今度は自分がハッキングされて奪われる可能性もあるけどね。

さすがに3兆円の規模じゃ返還することもできないでしょう。

仮想通貨取引をする場合は、自分の生活に影響が無い方法で取引しましょう。

今後狙われる通貨はビットコインだけに留まらないだろうしね。

上位検索にでてくる仮想通貨の情報ほど信用できなくなってきている現状について解説する

上位検索に出てくるサイトほど信頼できると勘違いしている皆さんのために、オススメ詐欺が横行している現状について解説しよう。

この記事を見れば、他人の情報を鵜呑みにすることがどれほど危険であるかを学ぶことができるだろう。

検索上位を信用するな

 

仮想通貨のブログとかがわかりやすい例なのだが、検索上位に出てくるサイトほど信頼できないという皮肉な現状ある。

大手のサイトほど、会社単位でブログ作成などを作っているので、SEO対策も躍起になって行っている。

検索上位に記事をもっていくテクニックが上手いというだけで、その情報が信頼に足るものであるかは別の話であるということだ。

むしろ自分の会社の利益のために、わざと誤った情報を混ぜてくる可能性もある。

例えば仮想通貨の取引所のオススメランキングなんかがあるだろう。

二位や三位にビットフライヤーなどの実績がある取引所を置き、一位として無名の取引所を置いてくる手口が横行している。

こうして無名の取引所を、さも最近出てきた優れた取引所であるかのように宣伝するわけだ。

わざわざ偽のランキングを捏造する理由とは

会社がこぞってSEO上位に偽情報のサイトを持ってくる理由は明白だ、

そうすることで自社に利益が入るから。

無名の取引所から依頼されて報酬を受け取る代わりに彼らは収益を受け取っている。

つまりサイトを見る人間を騙してでも依頼主の取引所の知名度をあげる目的があって偽情報を流しているということだ。

だから会社単位で運営されているようなブログの内容を完全に信じるのは危険なのだ。

鵜呑みにしてるやつらはその時点で負け組になっていると思っていい。

特に仮想通貨に関して上位に来ているサイトが出してくる情報には、ほぼデマが混じっている。

自分で優れた投資家を探し、その人が運営している個人ブログを見に行くくらいの根性でもないと、正しい情報を手に入れることはできない。

もちろん企業のブログは基本的な情報を教えてくれるという点では魅力的だ。

しかし全てを鵜呑みにしていては頭一つ抜けることは不可能であるということもよく覚えておこう。

正しい情報を得るためには自分で選ぶことも必要

今回は、検索上位に来るからと言ってその記事が信用できるわけではないという話をした。

本当に質の良い情報が欲しければ、自分で時間をかけて情報を探すことが大切だ。

検索上位に上がってくる情報が信頼に足るサイトであるか、最初は疑うことをクセにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【初心者用】これから仮想通貨を始めたい人へ

現在は仮想通貨に関する案件を頂いており、勉強しながら仕事を進めている。

さすが最近流行りの仮想通貨だけあって、情報サイトが充実していて調査に困らない。

僕が色んなサイトを巡った中では、このサイトが一番分かりやすくて良かった。

仮想通貨に興味はあるものの、何が何だかわからないという方は、このサイトから勉強を始めてみてはどうだろうか。

僕自身もこれから仮想通貨に関する仕事に関わり続ける予定なので、手に入れた情報はこまめに紹介していきたいと思う。

 

仮想通貨とは何か?仕組みや買い方を初心者向けに分かりやすく解説