本当に美しくなりたかったら塩をなめろ!最高の美容食は塩であるということを教える

水と塩。

これだけで心も体も美しくなれる。

減塩が叫ばれるが、これは実は誤っている。

効能の高い塩は食べるほど効果が高まるし、減塩なんかする必要はない。

塩で高血圧になるなんてインチキを信じるべきではない。

僕は毎日塩を舐めている。

一日の致死量と言われている塩を毎日舐めているが、体調が悪くなるどころか良くなるばかりだ。

塩をたくさん舐めた際の効能を紹介しよう。

・視界が開けて頭がすっきりする

・肌がつやつやになる

・前向きになれる

・体が温かくなって新陳代謝が高まる

驚くべきことに、美肌効果のみではなく、精神にも作用する。

実際に自分で舐めてみてわかったが、塩の浄化作用はすごい。

厄除けに使われるだけのことはある。

ネガティブな感情が徐々に取り払われていくのだ。

塩は人体を構成する大切な栄養素。

そもそも減塩なんてしていいわけがなかったんだ。

塩でみんなが健康になってしまうと、ほかの健康食品などが売れなくなってしまう。

減塩を勧めるのは、食品会社の都合に過ぎない。

信じられないのなら、塩の効果について自分で調べてみるといい。

塩の効果を保証する参考資料はいくらでもある。

本当にいい物を体に入れようとしたら、自分で正しい情報を調べないといけない、

塩の摂り過ぎは悪いという悪質なデマに騙されないようにしよう。

熱中症にいいのはポカリ?アクエリ?

スポーツドリンクと一口に言っても効能は変わる。

熱中症対策として向いてるのはポカリスエットなんだって。

これは医師とかも勧めているらしい信頼性の高い情報だ。

ポカリスエットは人体の体液に成分が近いため、体に吸収されやすい。

すぐに水分補給できるから体調不良に向いている。

炭水化物も含まれているからエネルギー補給もばっちりだ。

アクエリアスは危険

体調不良にアクエリアスを飲むのは危険だ。

アクエリアスはスポーツのパフォーマンスを高めるためにあるので体調不良を治してくれる効果はない。

むしろ発汗を促すらしいから水分体外に出てしまって体調不良時は危険。

スポーツドリンクは体調に合わせて使うようにしよう。

スポーツドリンクは太る

スポー詰ドリンクは運動で失われた栄養を補給する目的で作られているため、何もやっていない時に飲むと養分方で太る。

なんとなく太らなそうなイメージはあるけどしっかり糖分とかもあるので飲むときには必ず運動とセットにするようにしよう。

蕁麻疹(じんましん)の治し方について

蕁麻疹(じんましん)は、多くの日本人がかかる病気として知られていますが、あなたも悩まされていませんか?

蕁麻疹は、身体の免疫機能が過剰に働いてしまい、引き起こされる病気です。
蕁麻疹になる原因はアレルギーなどですが、意外にも完治させるための方法はまだ確立されていません。

しかし、蕁麻疹を軽減する方法ならいくつかあります。
今回は、蕁麻疹を軽減する方法を一部紹介させて頂きます。

蕁麻疹は身体の興奮が原因で発生する場合がありますので、体を落ち着かせておくことが大切です。

唐辛子の多いカレーや、カフェインの入っているコーヒーなどは避けましょう。
これらを避けて蕁麻疹が改善されるようであれば、体の興奮が原因であると判断できます。

鎮静効果の高いチョコレートなどを食べることで、軽減される可能性があります。

また、蕁麻疹の引き金が特定の食物であっても、原因は異なる場合もあります。

蕁麻疹は免疫の異常であるため、体が正常な場合は、アレルギー対象の食物をとっても無事である可能性があります。
蕁麻疹に悩まされている場合は、生活習慣についても見直してみて下さい。

例えば、カレーを食べると蕁麻疹になってしまう人でも、その原因はダニや埃であったりします。
また、ストレスフルな生活も蕁麻疹の原因になってしまいます。

蕁麻疹の原因は様々で、多くの原因が絡み合って発症されるものであるということを覚えておきましょう。

蕁麻疹を防ぐために、清潔にしたり運動不足を解消することを求められることもよくあります。
単純にアレルギー食品を避ければよいという問題ではないのです。

蕁麻疹は原因も様々なら、その病気の内容も様々です。
少し痒いだけという方もいれば、呼吸困難になって生死の境をさまよう方もいます。

軽い程度の蕁麻疹だからといって油断していると、いずれ大きな症状に発展する恐れもありますので、注意しましょう。

蕁麻疹は、複雑な原因が絡み合って発生しますので、どんなに調べても自分で原因を掴むことは困難です。
医者ですら蕁麻疹を完治させることは難しく、蕁麻疹の発症を軽減する薬を出して終わりのケースが多いです。

医者にかかる場合でも、できる限り蕁麻疹の研究に特化した人を探すようにして下さい。

蕁麻疹を軽減する薬はあるものの、この薬は副作用が強いので、できる限り使用を避けるべきです。
安直に薬を勧めるは医者は信頼できません。

以上、蕁麻疹についてご紹介させて頂きました。

蕁麻疹は簡単な病気に見えますが、現代医学でも不明な点が多いほど複雑な病気です。
長い目で付き合うことを心がけて下さい。

不明な病気であるため、ネット上の情報も曖昧なものが多いです。
可能な限り専門家に話を聞き、慌てずに治療することが大切です。