痴漢冤罪から身を守るために

男性の中には、痴漢冤罪が怖くて電車に乗ることが怖いと感じている方も多いだろう。

痴漢を疑われた際に、身の潔白を証明する方法があることはご存知だろうか。

今回は、痴漢冤罪の言いがかりをつけられた時に取るべき対応をご紹介する。

微物検査を行う

痴漢だと言われたら、微物検査というものを行ってもらうよう警察に依頼しよう。

微物検査とは、手に服の繊維が残っているかを確認するための検査のことを指す。

痴漢をしていれば手のひらに服の繊維が残っているはずなので、検査を行うことで痴漢を本当にしたのか一発で分かるようになっているのだ。

だから、痴漢を疑われた際は手のひらが誰かの服に触れてしまうことのないよう必死に守り抜こう。

手のひらに女性の服の繊維がついてしまうと言い訳ができなくなってしまう。

手の甲に服の繊維がついていても問題はないが、撫でまわしたことが検査で分かると有罪になる可能性がある点には注意してほしい。

痴漢扱いされたら、まずは手のひらをどこにも触れぬよう維持しておき、警察が来たタイミングで鑑識を呼んでもらい、 微物検査を依頼しよう。

不当な容疑によって取り押さえられるなどの暴行を受けていた場合、冤罪であればこちらから訴えることもできるかもしれない。

痴漢冤罪の容疑をかけられた時の注意点

上記で紹介したように、 微物検査によって冤罪であることは証明できるので、ダッシュで逃げることはないようにしよう。

昔は疑われた瞬間に逃げろという話があったが、それは初期の話であり、今はむしろ逃げると犯人であると断定されてしまう。

怖くても決して逃げずに、頑として 微物検査を依頼する姿勢が大切だ。

警察によっては鑑識を呼ぶことを面倒くさがり、 微物検査 をやろうとしてくれない者もいるが、負けてはならない。

それは警察の職務怠慢であり、こちらが指摘を行えば警察は動かざるをえない。

また、痴漢扱いしてきた女の過去の被害歴を洗ってもらうことも忘れないようにしよう。

短期間のうちに何度も痴漢被害を受けているデータが残っていれば、その女が痴漢冤罪をでっちあげて金儲けをしている可能性があることが分かるからだ。

痴漢冤罪に仕立て上げてくる悪人から身を守るためにも、冤罪対策はよく理解しておこう。

WordPress5.0で変更されたエディタが迷惑すぎる!

WordPress5.0のアプデが来たことで、エディタの仕様が大きく変わった。

見出しや本文などがブロック状になり、感覚的に使用できるようになったという利点はあるのでが、旧バージョンと比べて使えなくなった機能などもあり、かなり迷惑している。

Googleといい、アップルといい、なんで勝手に大幅な変更をかましてくるのだろうか。

せめて選択式にさせてほしい。

今回新実装されたエディタはGutenbergという名前らしい。

グーテンベルグと読むようだ。

軽く調べた感じだと人名?

このエディタが実装されたことによって、文字装飾機能などを最初から使えるようになった。

今まではプラグインを入れたりしないと文字装飾できなかったので、便利と言えば便利だ。

しかし、わざわざメニューを開いて使わないといけない点が不便なので、結局は文字装飾用のプラグインを使った方が手っ取り早い。

新バージョンになることによって、仕事などで使っていた文字装飾が全く使えなくなってしまったのが何よりも困る。

テキストモード上で使っていたオプションが、新バージョンでは全く使えないのだ。

現状仕事に支障をきたすレベルで不便を感じているので、このようなアプデは本当に困る。

旧バーションに戻すプラグインもあるようだが、2021年までしか使えないようなので、結局はこの新しいバージョンに慣れるしかないのかもしれない。

かなり不便だ。

君が代は外人が作った!?

この

この動画の竹田さんという人は、韓国の批判をけっこうガンガンする人なんだけど、日本の歴史的背景を色々と教えてくれるので面白い。

日本の国歌は、元々外国人に依頼して作られたものだったらしい。

外国人によって作られた歌が微妙で変更となったらしのだが。

まさか国歌の作成を外国人に依頼するとは、かなり不思議な背景だなと感じた。

最初は讃美歌のようになってしまっていたのだとか。

その国歌がそのまま採用されていたらと思うと恐ろしい。

墓じまいはミキワに相談しよう

祖母の葬儀をした際に、葬儀をしてお墓に入れるまでの手続きをするまでに大変苦労した記憶がある。

せめてお墓に関する手続きだけでも簡単にできるサービスがあったら楽なのにな、と考えて調べてみたら、墓じまいなどを代行してくれるサービスがちゃんとあった。

今回は、お墓に関する煩雑な作業を代行してくれるサービスについて紹介する。

お墓に関する雑事はミキワへ

ミキワという会社が手広くお墓に関するサービスを行っているようだ。

改築や解体といったお墓作りもやってくれるし、供養先の紹介や面倒な行政手続きまでやってくれるらしい。

身内が亡くなってしまい、何をしたらよいか分からないと困惑してしまう人も多いだろう。

困ったときはとりあえずミキワに相談してみるとよいかもしれない。

参考までにミキワのホームページを載せておく。

墓じまい

ホームページを見てみると、ミキワが手広く依頼に応えてくれることが分かるだろう。

お墓に関するサービスに限定されているとはいえ、やることは多いようだ。

自分だけで調べてやるには大変なので、やはりこういったサービス会社に協力を求めた方がいいだろう。

ミキワは海洋散骨・粉骨までやってくれる

ミキワはユニークなサービスも行っている。

海洋散骨・粉骨というサービスだ。

遺骨を埋めるのではなく、海に流す供養の方法である。

遺骨を砕く粉骨を行い、粉末にした遺骨を東京湾にサラサラと流す。

人によっては亡くなった時に海に遺骨を流してほしいという人もいるだろう。

そのような人の意向に沿うために作られた供養の方法だ。

こちらもホームページを載せておくので、興味があったら見てみてほしい。

散骨

ホームページを確認すればわかるが、ただ海に遺骨を流すのみではなく、周辺の様々なサービスも手掛けていることがわかる。

遺骨を流すスポットがきちんと決めてあり、定期的にそのスポットにお参りに行くことも可能だ。

人間のみではなく、動物の遺骨を流すことも可能で、ペットも人と同じように供養できる点は嬉しい。

独特な供養方法を試してみたい人は、海洋散骨を視野に入れてみてはいかがだろうか。

まとめ

墓じまいや海洋散骨に関するサービスを行っているミキワという会社について紹介したが、いかがだっただろうか。

葬儀に関するイベントは普段中々意識しないことではあるが、いずれは避けては通れないものだ。

今のうちによく調べておき、あらかじめ計画を練っておくとよいだろう。

ミキワのサービス内容をチェックして、このようなサービスがあるのだということを理解しておくだけでも参考になるだろう。

人事が発生しまくっているのに何故JRは放置しているのか!?その理由に迫る

駅の人身事故のせいで電車が遅延し、非常に困った経験がある人は多いだろう。

これほど頻繁に人身事故が発生するのであれば、駅のホームにバリケードを設置すれば良いのにって思ったことは無いだろうか。

実際、地下鉄では乗車客が誤ってホームに落ちてしまわぬようにバリケードが張られている。

地下鉄のバリケードには自動ドアが設置されており、電車の扉が開く時だけバリケードの扉も開く。

この仕組みをJRも取り入れれば、誰もホームに落ちないだろうにって常々思うんだよね。

さんざん人がホームに転落して亡くなっているというのに、それを野放しにするJRって血も涙も無いのだろうなって思ってた。

気になってJRがバリケードを張らない理由を調べてみたのだが、金銭的な問題が大きいらしい。

ソースがJRではなく、Twitterか何かで発言してた鉄オタってぽい人の話だから信憑性は薄いけど。

一駅にバリケード張るだけでも相当な金がかかるから無理みたいな話をしてた。

金がかかるとはいえ、バリケードを張らない会社の不手際のせいで何人も人が亡くなってるわけだし、優先的にバリケードを張るべきだと個人的には思うんだけど。

バリケードちゃんと張ってる地下鉄は何なんだっていう。

言い訳にしか聞こえないけど、JRほど多くの駅を抱えてしまうと仕方がないことなのかもしれない。

できればもっとちゃんとしたソースを引っ張ってきて、人身事故を防ぐことがどの程度大変なことであるかっていう話を聞いてみたいな。

また今度調べてみようと思う。