プロ奢ラレヤーってなんだ?凄い仕組み

プロ奢ラレヤーってのが最近話題になっている。

あらゆる生活を奢られることで成り立たせているという恐るべき人だ。

彼には嫁もいて、嫁の生計も奢りによって成り立たせている。

以下の動画で詳しく説明されているので、見てみるといいだろう。

話を聞いている芸能人には理解できないといった反応が多数で、中には泣き出してしまう人まで出るという異様な光景だった。

しかし、このような生き方が新しい生き方であるとも言えるだろう。

あなたはこんな生き方には賛成だろうか?反対だろうか?

 

 

 

アフィリエイトにチャレンジしたいという方へ

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトが良いと聞いたのでこれでやってみようかと考え中。

広告クリックすらされない現状でアフィリやったとこで意味が無い気がするが、とりあえずなんでも手を出してみようかと。

上記が楽天アフィリエイトのサイトなので、気になるなら見てみるといいだろう。

僕もこれからサイト見ながら確認するわ。

自分のサイトの広告はクリックしてはいけません

自分のサイトの広告が気になってついクリックしてしまいそうになるのだが、危うくクリックしてしまうタイミングでやべっ!てなる。

自らクリックすると規約違反になってしまい、広告が停止されてしまうみたいなのだ。

自分でクリックしてカウントされてしまうのであれば、自分でクリックしまくれは収益そんだけ貰えちゃうことになるからね。

でも自分のクリックはカウントしないとか融通利かせてくれないもんかね。

そのくらいの設定は簡単にできそうなもんだけど。

自分のサイトの広告をクリックしないように気を遣うのってけっこうしんどいよ。

同じ雨の日でも感じ方が違うという話

今日は雨なんだけど、いつものような不快感が無い。

雨の日といっても、不快な時とそうでないときがある。

湿度の差だろうか?

雨の日って大体空気が重くてだるいんだけど、今日はそれが無い。

この違いは一体なんなんだろうか?

マックスむらい「ヒカルが救ってくれた」

マックスむらいはヒカルとのコラボによってかなり助けられたみたいだね。

この動画から、その感謝っぷりを読み取ることができる。

ヒカルがそこまで良いことをしたつもりでないとしても、マックスむらいからしたらかなり助けられたことだろう。

困っている人を救うのはやはり行動だなと考えさせられる内容だった。

マックスむらい相当苦労したんだなってのがわかる動画

アップバンクの会社役員がお金を横領したとして捕まった問題で、社長のマックスむらいは相当苦労したようだね。

至る所でオワコンと言われていた時に大事件起きちゃったものだから、本当にボロボロだったみたい。

マックスむらいが当時の胸中を語っている動画あるので、興味があるとみてみればいい。

こうして当時の状況などを後から当事者が語れるような世の中になったのは良いことだと思う。

弁解もできず批判されたままおさらばって人もたくさんいただろうからね。

マックスむらいを復活させたヒカルの功績はけっこうでかいよね。

 

中世ヨーロッパはうんこまみれだった

中世ヨーロッパには灌漑施設が無かった。

つまり、水洗トイレが無かったらしい。

おまるにうんちをためて、窓から投げ捨てるのが一般的だったらしい。

だから中世のヨーロッパはそこらじゅううんちまみれだったと言うのだ。

じつに汚い。

最初は豚が食べてくれていたようなので、うんちを垂れ流しても問題が無かったらしいのだが。

人口が増えるほど豚による処理が追い付かなくなり、糞尿であふれかえる街が完成したということらしい、

都心部ほど汚かったのかと思うと、中世ヨーロッパの文化を疑ってしまう。

 

大体200記事公開したあたりからPVが伸びるらしい

現在の記事公開数は70程度だが、記事一つ一つの内容が薄いため、200記事で盛り上がるかどうかは不明だ。

まぁコツコツ続けていきたいと思う。

ブログで上手に収益を得る方法でも学んでみようかなっと。

余裕が無いと感謝はできない

最近、いろんなものに対して感謝ができるようになった。

以前はコンビニ店員のレジ打ちが遅いだけでもイライラしたものだが、そのようなことも無くなった。

多分、自分の生活に余裕ができたからだと思う。

向いていない仕事を辞め、今は在宅ライターとして自分に向いている仕事のみをしている。

今は贅沢はできないとはいえ、時間やお金に縛られることもない。

感謝できたり貢献意識の高い人は尊敬していたが、なんのことはない。

彼らには単純に余裕があったというだけの話だった。

自分に余裕があれば自然にそんな気持ちは沸いてくる。

辞めた会社や別れた人たちに対する感謝が今更沸いてきており、辞める前にこのくらい感謝できればよかったのにとも思う。

しかし、会社を辞めずにいたら、たぶんこのような感覚に至ることも無かったのだと思う。

不満と違和感を抱えて仕事場を往復する毎日だっただろう。

今までいたところを捨てるというのは非常に勇気がいることだが、必ず選択を迫られるタイミングは来るのだと思う。

チャレンジする道を選んでよかったと思う。

おかげで自然に感謝する習慣をつけることができた。

一体みなさんはどこからこのブログにアクセスしているのだろうか?

ブログがSEO乗っからず、閲覧が伸びない。

自分のブログとタイトルで検索しても出てこないのだから、そりゃ誰もくるはずがないだろう。

だが、閲覧は確実についてはいる。

検索にものぼらないこのブログに、みんなはどのようにアクセスするのだろうか?