WordPress5.0で変更されたエディタが迷惑すぎる!

WordPress5.0のアプデが来たことで、エディタの仕様が大きく変わった。

見出しや本文などがブロック状になり、感覚的に使用できるようになったという利点はあるのでが、旧バージョンと比べて使えなくなった機能などもあり、かなり迷惑している。

Googleといい、アップルといい、なんで勝手に大幅な変更をかましてくるのだろうか。

せめて選択式にさせてほしい。

今回新実装されたエディタはGutenbergという名前らしい。

グーテンベルグと読むようだ。

軽く調べた感じだと人名?

このエディタが実装されたことによって、文字装飾機能などを最初から使えるようになった。

今まではプラグインを入れたりしないと文字装飾できなかったので、便利と言えば便利だ。

しかし、わざわざメニューを開いて使わないといけない点が不便なので、結局は文字装飾用のプラグインを使った方が手っ取り早い。

新バージョンになることによって、仕事などで使っていた文字装飾が全く使えなくなってしまったのが何よりも困る。

テキストモード上で使っていたオプションが、新バージョンでは全く使えないのだ。

現状仕事に支障をきたすレベルで不便を感じているので、このようなアプデは本当に困る。

旧バーションに戻すプラグインもあるようだが、2021年までしか使えないようなので、結局はこの新しいバージョンに慣れるしかないのかもしれない。

かなり不便だ。